仏壇仏具の大黒堂
お問合わせ・ご質問はフリーダイヤル:0120-2298-34
お車でご来店の際は、カーナビに電話番号:048-262-2323
 




お盆ですね。
盂蘭盆(うらぼん)とは?
お釈迦さまのお弟子に目蓮尊者(もくれんそんじゃ)と言うお坊さんがありました。この目蓮尊者は神通力を持っていて、普通の人では見ることの出来ない世界を見ることが出来ます。
ある時、母親思いの目蓮尊者は亡くなった母は今どうしているか、神通力で見ました。するとどうしたことでしょう。母親は餓鬼道という地獄に落ちて、水も食べ物も無い所にいてもだえ苦しんでいました。
目蓮尊者はじっとしていられません。早速、食べ物を神通力で届けましたら、どうしたことでしょう。母親が手を出そうとすると、食べ物は火になってしまいます。目蓮尊者は大変悲しんで、お釈迦さまに相談しました。
お釈迦さまは静かに
「目蓮よ、お前の母は他人にやさしくいたわりの心が無かった。それがむさぼりの心を生み、餓鬼道に落ちたのだ。」
お釈迦さまは目蓮尊者にお教えになりました。
「7月15日に修行を終わるお坊さんに力を借りて供養をすると、救うことが出来る。」
目蓮尊者はその通りにしますと、目蓮尊者の母親は苦しみから救われて、幸福な世界に生まれ変わることが出来ました。それ以来、ご先祖を大切にする人々は、目蓮尊者のように7月15日にお盆供養を行うようになりました。
お盆帰り(おぼんがえり)とは?
仏さまも一年に一度だけ自分の家に帰って来ます。でも帰る場所がなければ帰ることが出来ません。この為、お盆の準備を必ずしなければなりません。家庭には必ずその場所を作ってあげなくてはなりません。その場所が「お仏壇」であり「精霊棚」です。ご家族の皆さんで真心をもってお迎えするのがご供養です。ご親族のあなたがしてあげなければ、亡き人は悲しんでおられるでしょう。仏壇は飾ることは現在私達が生活できるのも、ご先祖さまがあってこそと感謝しなければいけません。仏壇を安置し、ご先祖さまの聖域を作ることは大変意味深いことです。この機会に是非、今一度亡くなったご先祖の尊さを思い起こしていただきたいと思います。
新盆(あらぼん)とは?
亡くなって初めてのお盆を新盆と言って、白い提灯を軒下に吊るして、亡くなった方が初めての里帰りです。迷わずお里帰り出来るよう、みちびきの灯りです。お寺にお迎えに行ったりする提灯もご準備しましょう。
遠隔地のお寺の場合は、迎え火をたいてお迎えします。
精霊棚(しょうれいだな)とは?
お盆の精霊棚の飾り方は、別に図で示してあるように致します。これが一般には盆飾りと申しますが、精霊棚は亡き人々をお迎えする聖域です。これには仏膳や供物、又はキュウリやナス等で作った牛馬を用意して、送り迎えの役目を意味します。お線香、燭台、リンは経机に置いて、常にお線香と灯(あかり)をたやさずにします。両脇には亡き人が淋しくないよう提灯を置き、お仏壇、精霊棚を明るくします。
ちょっとした心づかいで大きな供養になります。皆様でお考え下さい。ご供養が「あの世(彼岸)」と「この世(此岸)」を結ぶたった一つの道しるべです。
<精霊棚の飾り方>
お施餓鬼(せがき)とは?
菩提寺で年に一度、餓鬼道で苦しんでいる亡くなった人を救う行事です。出来るだけご出席して下さい。施主の方は塔婆を上げます。(申し込みが必要)
通常は食べ供養とも申し、米・野菜・果物等をご本尊に飾ります。当日は大変混みますので、お寺の指示に従って焼香をします。後にお墓にお塔婆を供えます。
この機会にお寺さんに感謝の「志」や、品物をお届けするのが良いと思います。
盆踊り(ぼんおどり)とは?
目蓮尊者が母親の苦しみを救ったことで、大変喜んで三日間踊って喜びをあらわしたのが始まりと言われます。
精霊棚のまつりかた
<精霊棚を用いた場合>
精霊棚の設置図 1.青竹
2.ほおずき
3.先祖の過去帳
4.五具足(左右両脇にローソクを立て、中央に香炉、左に花立)
5.ナスの牛、キュウリの馬
6.リン
7.盆灯篭
8.真菰(まこも)のゴザ


<仏壇を用いた場合>
仏壇の設置図 1.御本尊
2.吊灯篭
3.位牌
4.回出位牌
5.茶湯器
6.仏飯器
7.蓮花
8.高杯
9.花立
10.本尊香炉
11.生花立
12.線香入
13.ローソク立
14.香炉
15.リン
16.精霊棚
17.経机
18.笹竹
19.ほおずき

仏壇を用いた場合、仏壇の引き出しを精霊棚にしつらえるか、前に小机などを置いて真菰(まこも)のゴザを敷きます。この場合も青竹を左右にたて、繩を張り、ほおずきなどをつるします。
真菰のゴザの上は霊座と呼ばれます。その上におがらか割り箸で四本の足をつけたナスの牛やキュウリの馬を飾ります。これは先祖の霊がキュウリの馬に乗ってやって来て、ナスの牛に乗って帰って行くと言ういい伝えから作られるものです。その他に霊座の上には季節の野菜や果物・水・だんごなどを供えます。